快適なオフィス用品を使って効率UP|オフィスチェアで仕事はかどる

女の人

簡単に空間を作れる

事務所内

パーテーションをオフィスに導入する会社は増えています。それは空間を仕切ることでさまざまなメリットがあるからです。集中力がアップする他にもウィルスが広まりにくく、またストレスも軽減する効果があるといわれています。

Read More

従業員にとって快適な場所

オフィス

オフィスデザインを考える上で大切なことは従業員の生産性を上げることを考えなければいけません。従業員の満足度が高い会社は利益を出しやすくなると言えます。働く空間だけでなくリラックスできる空間も考えることが大切です。

Read More

中古で揃えるメリット

会議室

新しく福岡に事務所を立ち上げた人は中古オフィス家具で揃えると費用を抑えることができます。開業には何かとお金がかかります。そのためオフィス家具など費用を抑えることができるものはできるだけ安く揃えたいものです。

Read More

疲れにくい椅子の条件

オフィス

オフィスチェアは仕事中に使う椅子です。長い時間使用するので疲れないものを選ぶことが大切です。座り心地が悪いと肩や腰など体を痛めてしまいますし、仕事の効率も下がってしまいます。自分にあった快適なオフィスチェアを見つけましょう。快適に座るにはいくつかの条件があります。まず体圧分散がきちんと行われているということです。体圧を均等に分散することで、体の一部だけに体圧がかからず負担になることを防ぎます。接触面積が広いことも体圧分散には有効です。また体圧は椅子の素材によっても変わります。素材は柔らかすぎず、硬すぎないものを選ぶことが大切でしょう。また肘掛けがあるかどうかでも体圧分散は変わってきます。肘掛けは机に手を置くときの補助だけではなく、考えたり休憩するときにも使う便利なものです。そのためオフィスチェアにはなくてはならないものでしょう。
次に大切なのは自然な背骨のラインです。座っているときも立っているときと変わらない背骨のラインが理想的です。それは自然なS字のようにカーブしているラインで、椅子に座ったときにもこのようなS字ラインが崩れないものを選ぶことが大切です。しかし座っていると自然に体が丸まってどうしても前かがみ気味になってしまいます。この姿勢は椎間板や腰に負担をかけてしまいます。また疲れ以外にも内臓を圧迫したり、呼吸がしにくくなったりとさまざまな影響がでてくるので正しい姿勢が取れるサポートを備えた椅子を選ぶ必要があります。また人によっては体格や身長も異なります。そのため多少の調整ができるオフィスチェアを選びましょう。